01

MATERIAL

[素材]

繊維補強材料

従来鉄筋コンクリートでは無しえなかった表現を、鉄筋の代わりに耐アルカリ性繊維で補強することで可能にした技術がGRCです。ガラス繊維による補強の対象は、プラスチック(FRP)、石膏(GRG)にも及び、部材全体の軽量化と新たな意匠表現を可能とします。
  • GRC

    GRC

    GRCとは、セメントまたはセメントモルタルを耐アルカリガラス繊維で補強した、ガラス繊維補強セメントの略称です。引張強度及び靱性に劣る無機質セメントを、引張強度に優れたガラス繊維で補った複合材料です。ガラス繊維での補強により、強度を維持しながら①意匠性、②軽量性、③対塩害性のメリットを持ちます。
  • GRG

    GRG

    GRG(GlassFiber Reinforced Gypsum)とは、石膏をガラス繊維で補強し、曲げ、引張、せん断強度や耐衝撃性を大幅に改善したものです。マトリックスの主成分である石膏は、微粉末であり、骨材を用いないため、GRCよりさらに細かい意匠表現が可能となり、繊細な内装装飾に適しています。
  • FRP

    FRP

    Fiber Reinforced Plastics(ファイバー・レインフォースド・プラスチック)の略で、不飽和ポリエステル樹脂をガラス繊維で強化したものです。シンボルやアミューズメント施設、結婚式場など細やかな意匠が求められる建築に適しています。

ガラス

透明で、適度な強度を持ち、ほどんど経年変化がなく、生産性・加工性にも優れるガラスは、現代建築において、鉄骨、コンクリートと並ぶ3大主要材料の一つと言えます。ファサードにおけるガラスの技術も日々進化し続けています。
  • 3次元曲げガラス

    3次元曲げガラス

    3次元曲げガラスは日本国内では生産できる規模が限られており、大型サイズの場合は海外での製作となる場合があります。3次元曲げガラスを合わせ仕様にする場合、精度管理の重要性が極めて大きくなるため、生産工場に対するプロセス・ポイント管理が肝となります。
  • 2次元曲げガラス

    2次元曲げガラス

    2次元曲げガラスは、平面では出来ない新しい表現を可能とします。2次元曲げを適切に組み合わせることにより、全体として3次元の広がりを感じさせる表現も可能となります。
  • セラミックプリントガラス

    セラミックプリントガラス

    フロート板ガラスにセラミック塗料をシルクスクリーン印刷し、熱処理により定着させます。
    デザイン性を高めるとともに、塗料を定着させる場合に熱処理を加えることによって、強化ガラスと同等の性能を持ちます。
  • 熱成形ガラス

    熱成形ガラス

    ガラスを金型の上において焼成し、凸凹ができあがった時点で窯の温度を段階的に下げていく“溶融ガラス”や“曲げガラス”の技術を応用しており、ガラスそのものに表情を持たせることが可能になります。
  • ガラスブリック

    ガラスブリック

    ガラスで成形されたブリック(煉瓦)。工芸品のような手づくり感があり、”ゆらぎ感”により、取り込む光・空気の質感を大きく変えます。
  • 化学強化ガラス

    化学強化ガラス

    建築用化学強化ガラスとは、化学的にガラス表面を圧縮応力層にした強化ガラスで、主に特徴があります。
    ①自然破損しない:ガラス内部の引張応力が小さいため、自然破損しない強化ガラスです。
    ②高強度・軽量化:優れた機械的強度があり、軽量化、薄板化が可能です。
    ③平滑性:低温処理のため、フロートガラスと同等の平滑度があり、透視歪み、反射歪みがありません。
    ④傷がつきにくい;表面硬度が高く、傷がつきにくいです。

金属

金属による建築外装はスチール、アルミニウム、鋼等多種多用な材料とともに、表現も多様な分野です。近年、建築外壁は雨風を防ぐ基本機能を備えた部位としての外壁と、意匠性・日射コントロールを主機能とする外装を機能分化させる傾向にあります。ここでは新たなメタル意匠の表現技術を紹介します。
  • アルミキャスト

    アルミキャスト

    アルミキャスト(鋳物)とは、アルミニウムを溶かして、砂等で作成した鋳型に流し込んで作る製品です。溶かして流し込みを行うことで、複雑な形・模様をかたちづくることができます。
  • エキスパンドメタル

    エキスパンドメタル

    エキスパンドメタルは、金属板をエキスパンド製造機によって千鳥状に切れ目を入れながら押し広げ、その切れ目を菱形に成形したメッシュ状の金属板で、軽やかな表現を可能にします。
  • アルミルーバー

    アルミルーバー

    ルーバーとは、羽板を枠に対して隙間をあけて水平に並べたものです。
    エアコンの室外機の目隠し、光や風の遮断といった機能的な目的の他に、デザイン性を高める目的をもちます。外装材として汚れにくく、耐久性の高いアルミがよく用いられます。
  • METAL FABRIC

    METAL FABRIC

    ドイツのGKD社が製品ライン「クリエイティブ・ウェーブ」として開発した金属を織り込んだようなメッシュです。ファサードとして使用されるメッシュは、衣服のように建物を包み、外観だけではなく日除けや風雨除け、落下防止としての機能を併せ持ちます。

ニュートラスウォール

3次元曲面や、複雑な形状の不定形面を、鉄筋コンクリートの構造躯体で実現する3次元RC工法です。
  • 3次元RC躯体

    3次元RC躯体

    ニュートラスウォールとは、在来鉄筋、型枠工法では困難だった三次元曲面や複雑な形状の不定形面を、鉄筋コンクリートの構造躯体で短期間で容易に作る三次元RC工法です。
    構造解析された構造鉄筋を成型鉄筋トラスに組み込み、工場でユニット化します。 これにより現場での工程を短縮でき、2,0002mクラスの大きなドームから複雑な形状のモニュメントまで、鉄筋コンクリート構造で対応可能です。

セラミック

セラミックは、粘土を主原料とする焼成品です。耐候性に優れる上に肌感のある”自然な表現”が可能となります。
  • 大型陶板

    大型陶板

    陶板(タイル)は焼き物で出来た薄板で、様々な色彩、質感を表現できる高い意匠性をもつ一方、薄く大きくなる程割れやすくなるという弱みがありました。
    当社ではイタリアのメーカーと協働し、約1,200mm×2,500mmの大型陶板をGRCに一体化させることに成功し、安定した外装材として実現しています。
  • セラミックルーバー

    セラミックルーバー

    温度変化による膨張・収縮が極めて小さく、厳しい外部環境の中でも摩耗や劣化することがありません。焼き物の持つ質感により、高級感のあるファサードを創り出します。

樹脂

樹脂は自由な形状にできるなど加工性に優れることから、用い方次第で新たなファサード表現を可能とします。
  • アクリル

    アクリル

    アクリルはガラスを凌ぐ透明性があり、極めて滑らかな表面を持ち、また加工性に優れることから繊細な表現が可能です。但し外装に扱うには防火的な観点が必要となります。

LED

都市の外装を表現する上で、意匠を活かした照明デザインの重要性が増しつつあります。
  • 外装用特注LED

    外装用特注LED

    意匠を活かした光の設計が、ファサードの重要な要素となりつつあります。デザイナーが演出したい光の意図に合わせ、メンテナンス性、安全性、あらゆる条件で機能する能力など、多面的な観点を折り込んだ照明設計を行います。

OTHER TECHNOLOGY

CONTACT

お問い合わせはこちらから

具体的な仕様が決定していない、計画・検討時点からのご相談でも結構です。